« 学校教育のリストラは未来切り捨てだ! | トップページ | 普通予算特別委員会で質疑中に、激励のみなさん! »

2004年3月12日 (金)

税は国の姿をあらわす!

 今日は、伏見区の重税反対、統一行動の日です。
伏見税務署にむけて、京建労の組合員、商売をする民商会員のみなさんを中心に、デモで市民にアピールしながら、統一的に確定申告書を持参、提出することになっている。
 昨日も「自衛隊の日本の代表的存在が税金の不正利用があった」と報道されていた。
 北海道警察の、報奨金を使った組織的税金の不正利用。
 2大政党時代と言いながら、自民、民主党の政治汚職、選挙にまつわる賄賂事件まで競い合い。議員給与の不正利用、政党助成金を使った汚職事件と、その手の事件は枚挙がない。
 一方、先日、国会議員の議員年金への国庫支出金の負担をやめ、特別扱いはやめるべきだ、厚生年金と同様に掛け金内での給付に切り替えよと言う提案をした日本共産党・市田忠義参議院議員の提案はタイムリーな国民の声だ。
 国の税収がすくないから、国の「年金負担分」を新たに国民に押しつけ、給付する年金は15%も引き下げるという、生活破壊までやろうとする自民、公明の小泉内閣。
 これでは、まじめに働くものが馬鹿を見ると言う怒りの声が充満。まじめに働きたいのに不況で仕事がない、そのくせ消費税だけは内税にして、国民の前から見えなくして、自動的に軍事費の確保のための増税を繰り返す環境作りを自民、公明、民主がつくろうとしている。
 税金の使い方を国民本位に改めよの声をいっそう大きく広げ、自民党政治の延長線である、国の政治のあり方をおおもとから変得たいという声は渦巻いている。 
 共に立ち上がろう。

|

« 学校教育のリストラは未来切り捨てだ! | トップページ | 普通予算特別委員会で質疑中に、激励のみなさん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 税は国の姿をあらわす!:

« 学校教育のリストラは未来切り捨てだ! | トップページ | 普通予算特別委員会で質疑中に、激励のみなさん! »