« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

まじめに納めた税金が・・・

 「住民税も上がった、国保も介護保険料も、高くて大変なのに工面して納めた税金が、不祥事起こすような職員の給料や、退職金に出していたなんて許せない。ましてこれからまだゴミ袋有料化なんて、やる前に自分とこでやるべきことがあるやろ。」「民間会社ならこれだけの不祥事を起こしたら社長が責任を取って辞任せんとあかん。マス本市長は無責任や」と市民の声。ゴミ袋指定袋の有料化10月実施は中止を求める署名についても、ほとんどの人が協力してくれます。

 昨日、Cimg3915伏見区で緊急の市政報告会を開催し、佐藤和夫市議、西野佐知子市議とともに参加し報告しました。参加者から、「覚醒剤の職員問題の追及をきちんとしてほしい。一般市民に広がっているか心配です。」「少女買春などに対する甘い処分許せない」「自公民の与党の態度は情けない。共産党がんばって」「市長の責任追及のためにも、何をしてきたか、事実を伝える民報号外や、委員会審議を細かく伝えるニュースの発行など、共産党の姿を伝えてほしい」との要望がありました。

引き続き、「不祥事根絶」のためにしっかりとメスを入れる取組を市民とともに運動としてすすめていきたいと思います。また、桝本市政の10年間の部落解放同盟を使った職員、市民支配をする、ゆがんだ同和行政にぜひピリオドを打つだけの原因究明と、市政の立て直しを求めて引き続きがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

親も教師もものが言えないようにバラバラにさせられ、権力の思いのままには許せぬ!

 「子どもを守る地域のまちづくりを、夏祭りから」と際目町のライオンズマンションの会長さんからご招待を頂いたので訪問させて頂きました。

「美豆小学校の生徒の3分の1の100人以上が住むマンションなんです」と会長さんに紹介して頂きました。夏祭りで出店も出ていましたが、集会室の展示コーナーでは、子ども達の参加するお絵かきもあり、楽しそうでした。

また、一方で当日の昼に、子ども達の今教育は、と「教育懇談会の淀地域の会場を訪問しました。「親同士が、今まで相手の家の電話で話ができたのに、今は、連絡網も個人情報で廃止され、横のつながりがなくなってしまった。子どもがどこにいるかも、さっぱり見当も付かない市、連絡もしようがない状態です」と、個人の責任で、バラバラになる親と子どもの育ちが変わってきていることが話されました。またそのことによって、権力者が、戦前のように、Cimg3882いいなりにさせる態度を貫いて、民主主義が壊されていること。平和の論理と、戦後の新教育方針が一致して、子ども達をひとしくその能力に応じて個性を大切にして育てるという、戦争反省の上に立っての教育改革が戦後進んできたのに今の教育は、戦前に後戻りしていないかと心配する声が多数出されました。教育基本法の10条の教育は不当な支配に服することなく、と言う中身の大切さとそれが守られることによって本物の教育ができることを勉強しました。今後も地域で未来を作る教育の主人公は子どもと連携をもって取り組むことを話し合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

出勤簿の改ざんをさせられていた職場?!

 交通局と、上下水道局の不祥事問題の集中審議が金曜日にありました。最近の不祥事でマスコミに出たのは、「ガンマニア職員」が銃刀法違反容疑で書類送検されたと言う、改造銃の購入問題でした。

どちらの局も、暴力、職員間、管理職、お客さんへの暴言などが目立ちます。過去10年間には、交通局でも、運転手の薬物犯罪(覚醒剤)で逮捕、免職処分事件がありました。また、上下水道局では、同様の事件が多発しており、ことは環境局だけではないと言う問題が多発していることが分かります。

「突然の職場査察で、勤務実態がないのに出勤扱いしていた、勤務表の書き換え、改ざんしていたことが判明し、管理職も処分していた。」との報告がありました。

 本当に不祥事が根絶できると言える状況にない現場実態の中で、研修ばかりが強調されています。しかし、市長が言うように、同和選考採用など「優先的雇用」が作り出してきた構造的問題であり、今回の事件続出の温床になってきたことを追及しましたが、「問題があっても、公表しないで、隠して外に出さない。」のが体質の両局で、これを正さなくては不祥事は絶えないと強く感じました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

市長への集中審議が28日(月) に午前10時から夕方まで。市役所本会議場で行われます。公開傍聴できますので、是非おいで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

免職させたら不祥事は無くなるか?

 きょうは、注目の環境局、保健福祉局の不祥事問題での集中審議でした。テレビ局が審議にはいるは、今まで発言しなかった人まで、全員挙手で発言。

「環境局は、不祥事根絶もできないうちに、ごみの指定袋有料化はやめよ、市民は許さない」との党議員の発言に対して、「粛々とすすめたい」と回答する局長。「何がしゅくしゅくとだ、先に局として、粛々とやらねばならないことがある」との声が出ました。ひどい話だ。犬猫処理場の代金横領の問題も、当初の数より500倍の横領件数の見込みとテレビ(ムーブ)ではいってましたが、実際利用者への支払い確認が終わっていない、調査中と回答しています。市長、局長の責任も重大です。

与党議員は、「今回は泥はかぶれない」と、市民批判をかわしつつ、解放同盟との一番関係の深い党であるから、「(市民批判に)負けるな、ガンバレ」「同和の選考採用には歴史的背景がある」といいわけが多かったです。また分限処分など使った京都市の行政権限強化で職員管理強化、公務事業の民営化推進ですまそうという意図がありありです。

引き続き全容解明と、市長責任を追及してがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

住吉の盆踊りに参加しました

 8月20日、地蔵盆の行事の夜、住吉地域では、恒例の平和盆踊りの行事が行われ参加しました。小さい子どものリズムに乗せた踊りがとてもかわいくて、お母さんも写真をいっぱい撮っている風景もほほえましく思いました。浴衣を着た少女も沢山参加し、地域の踊り手のAさんの後を継いで、見よう見まねでうまく踊っているのを見ると、地域の教育力というものをCimg3874感じました。盆踊りを地域から支えているみなさん、ご苦労様でした。

 連日の猛暑の中で、再試合をした、早稲田実業と、駒大苫小牧高校のみなさん、人間の可能性をいっぱいもっている青春のすばらしさを示し、全国民に元気をくれてありがとう。

昨日から、京都市の不祥事事件を解明し根絶するために連合審査会が開かれました。「根絶なくして京都市に未来はない」と語る市長の責任を追及したい。当日の財政・総務委員会では、さっそくわが党の、左京区選出の山本正志議員が「懲戒処分された職員がふたたび京都市に採用されている」実態を追及したのに対して、人事部長は現在も「あります」と確認しました。この運動団体いいなりの採用実態が、不祥事の温床を作り出していることを追及しましたが、きょうの新聞には残念ながら一言も触れられていません。マスコミの真実を報道するという姿勢も求められているのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

無免許運転で通勤する職員ってか?!

 また、早朝のテレビで隠し撮りで写る、無免許運転での通勤途中の職員が報道された。市の調査では、もう一人いるとか。その人は別扱いで、わざわざ隠し撮りもせず、軽い処分にでもすまそうというものなのか、と疑いたくなる。もうえんかげんにせい、とあきれる人が多数。しかし、市長などの見解発表も謝罪も何もないのはどういうことでしょう。これでまだゴミ袋有料化など雪だるま式の負担増を強行するなどとんでもないことです。市民の声で追及していきます。

 来週から、集中審議と、臨時議会で不祥事の全容解明と、市長の責任を問います。是非、傍聴においで下さい。 臨時議会の予定は、以下の通りです。

21日(月)連合審査会(市長の発言)本会議場。財政総務委員会

22日(火)文教委員会  

23日(水)厚生委員会

24日(木)建設消防委員会

25日(金)交通水道委員会

28日(月)連合審査会、市長総括質疑(本会議場)

30日(水)臨時本会議、調査特別委員会の設置、(本会議場)

*21、28日の連合審査会は、本会議場で10時開催。傍聴ができます。両日とも8時から整理券を市役所北庁舎東入り口の受付で配布。定員の68席を超えた場合は、抽選となります。

*21日からの委員会は、モニター傍聴となります。本庁舎2階の市会受付で傍聴券を配布します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

戦争はやったらあかん!!

 15日のCimg3858午前中に東大手筋で佐藤市議といっしょに終戦記念日の街頭宣伝をしました。

さすがにお盆の最中だというので通行人は少なかったのですが、合図を送ってくれたりする車や、通行人のかた、青年が握手を求めてきました。さすがに、小泉首相のやり方に憤りを持つ人が多数であることを感じました。また当日の夕方に、元自民党幹事長宅の実家に右翼の男が割腹自殺をして、放火したという報道を聞いて、いよいよ戦前と全く同じことが始まったなと、気を引き締める思いになりました。

テレビでもあまり報道しないでいますが、やはり右翼からの暴力を恐れているのでしょうか?先日のマスコミ報道で、若い男性の人が4人の女性を拉致監禁していたという報道がありました。それも、悪霊が憑いているという、脅しと、暴力による恐怖に恐れて、他の人に言えなかったと言うのですから、この状態は今やいつでも作りだせるマインドコントロールであることを痛感しています。韓国の宗教家の女性暴行事件などもそうです。

 科学的真理と真実と正義を愛することの大切さを身近なところで追及することの大切さと、テレビなどの影響の大きさと責任を感じるのは私だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

国民の利益に反する公約は守らない方がよい!

 「公約はなんとしても守らねばならない」と言って、小泉首相は靖国神社への公式参拝を強行した。「他国が何を言おうと個人の問題でとやかく言われる筋合いはない」とええかっこするけど、だいたい「公約なんて破るもの」なんてこと行ってたのは誰だ。

 まして、21年前に、靖国参拝を強行した中曽根元首相からも、「隣国との関係を大切につるために中止を」との働きかけがあったというんだから、自分の立場をわきまえるべきだ。ただの個人でと言うなら、首相を辞めてから好きなようにすればよいのです。一国の首相として、世界の平和を願う人々の願いに背いて、「侵略戦争賛美の靖国神社」を公式参拝することは、世界からの孤立をいっそう深めることになるのは明らかであり、外交がますます行き詰まりを見せる、事態であることを判断していない。一時のパフオーマンスで政治14をやられたんではたまったもんではない。

 「国のために死ねる子を作る」とねらう教育基本法の改正の動き、そして、憲法を改正し集団的自衛権の行使のできる、つまり海外で戦争ができる国にしようとする日米同盟強化路線をすすめることは許せない。断固として小泉首相の靖国神社への公式参拝に抗議するとともに、戦争のない平和な世界をめざす憲法を遵守することを求めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

戦後、軍都伏見が文化・教育の都市に!

 今日はお盆の14日、明日は、終戦記念日です。戦争時代は、ものが言えない社会が地域に作られ伏見のまちは、深草に練兵場、レイテ決戦を命じられた第16師団、桃山駅周辺が工兵隊駐屯地で、桃山南口周辺は、弾薬製造工場跡地というくらい伏見の大半を軍事基地となっていた。今でも「師団街道」第一軍道」などと言う地名も残っているほどです。20数年前に、小学校の用務員さんが、当時の工兵隊の当時の様子とレイテ戦でのすさまじい話を聞いたものです。しかし、そのことを子ども達に話してあげようと文章に起こし、これでよいかと聞いたところ、「この話は出さないでくれ、機密事項にもふれるので、どこで誰が見たり聞いているか分からないから。」と丁重に断られました。

 「軍隊というのは、泥棒の集まりですよ。人のふんどしまで盗みよるんだから」と言っていた用務03915員さんが、自分の周りがスパイ活動で監視されていると思っていたのだと思う。戦争にお金をかけるより、福祉や教育にお金をかけるとどれだけ住民のためになるかと言うことが自分たちの目のまではっきり見える。文化と教育の都市・伏見を軍都に逆戻りさせないために戦争の記録を子ども達に伝えていかねばならないと思います。

ところで、軍の横暴を許さなかった話が、伏見にあります。ご存じですか?それは伏見酒造組合が、当時の軍隊の近鉄電車を地下化する計画を示したときに、地下水の水脈を切ると言うことで、猛反対して今の高架駅に変更させたのです。やはり庶民の力は強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

またもや市職員が改造モデルガン購入で非拘束逮捕

またもや、職員の不祥事が4日に発生、委員会で局長が職員不祥事問題の報告を市、陳謝しました。「改造モデルガンの購入は去年で、職員は違法との認識を持っていなかった」と報告。モデルガンの改造銃というと、鉄砲玉が出るものではありませんか?殺傷能力があるから、銃刀法不法所持の容疑で逮捕されたのでしょうが。危険でしょう、違法でしょう。以前の処分歴はどうか、と質問すると、「職務怠慢で処分歴がある。それは検針員でありながら、訪問せずに、机上検針ですませていたので処分した。」という。全く公務員としての資質が問われることだし、どうしてそういう人が採用されるのかが問題だ。ひきつづき合同審査、臨時市会で構造的問題を解明、今後の改善をめざしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

緊急の市政報告会が怒りの集会に!

 9日の長崎原爆投下記念日の夜に、京都市の日本共産党市議団の緊急市政報告会が開かれました。山中団長の報告と決意に対して、参加者からの意見交流もみんな京都市の市政の方向について怒りが湧いた。「いままでの京都市の人事権を丸投げするような採用の実態が問題であった」「生活保護の市民に冷たい対応、ゴミ袋問題での市民負担増と、環境局、保健福祉局のすべき問題が先にある。」と市政を正す日本共産党への意見も多数出されました。「大阪だけの問題ではない、京都市も襟を正せ」「共産党が改善に一貫して要求してがんばってきたことが、今までマスコミは取り上げなかったではないか。マスコミのタブーにもなっていたのが京都市政の黒い部分を許してきた最大の理由だ。マスコミの責任を問う」との発言もありました。引き続き市民の目線で京都市長の責任追及と行政の民主的規律確立をめざしてがんばります。

18002 改良住宅の駐車場利用実態調査に先日8月2日に、市議団として行きました。ここは、舗装した駐車場で、1ヶ月賃料は1800円とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日の真っ昼間に打ち水って?!

 新聞に10日の東京でNPO団体が、街頭での打ち水を、雨の中実施した、と報道されていた。そもそも、暑い日の夕方に実施すれば気温低下の効果があるが、雨の日に実施するとはどういうことか。他の日も実施する予定とあったが、雨の日に効果のないことを無理やるやる、機械的な対応しかできない団体の行為は、見せかけの行為と思われても仕方がないのではないだろうか。京都市は、これに協賛し打ち水用の水を配布すると新聞にあった。NPO団体の趣旨は、夏の電気料を減らして二酸化炭素の発生を抑制するというが、どうも電気会社のキャンペーンの一翼をになわされているような気がしてならない。15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

暑い日の淀南の夏祭りに参加しました

 5日は、日差しが、じりじりと焼き付けるような36.7度を記録する日でした。横断歩道で信号待ちしていると、まるで、オーブントースターの中で焼かれているような感じでした。その夜、淀南では、美豆小学校で夏祭りでした。地元議員として招待されていましたから、来賓として、また、体育振興会の担当ブースのビール売りとして、参加しました。暑い日ですから、ビールがよく売れました。330本完売でした。挨拶は、国会議員だけと言うことで、S,Kの自民党と民主党。医療、介護の充実、とか少子化対策とか、みんな悪くして、市民の安心安全を奪ってきたのは、自民、民主ではないか。また、京都市長特徴の挨拶はあったが、今注目の職員の不祥事問題は一切ふれずじまい。おかしいやないか。

「こんな地域の行事は大切だが、行政が上から○○隊とかいって、付け焼き刃で地域に作らせるけど、本当はこういう行事でお互いに知り合い仲良くなることが大切やと思うけどなあ。」と参加していた役員さんからの話。地域の教育力を作る大切な話が進みます。Cimg3834

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

計画の見直しで京都市に?!

8月3日、京都市議団は、「高速道路」建設中の油の小路線を視察しました。対応した、阪神高速道路の民間会社の担当者は、「現在の工事は私どもで新十条と一緒にしていますが、この間の、曲がり久世橋線は、計画の見直しで、京都市さんにお願いしている。」との話でした。Cimg3803 その計画路線は270億円、二つの高速道路がつないでいないのでそのつなぎの部分を京都市が国と府と分担しているというのです。京都市の話では、56億円は京都市負担分という。道路の上にのぼると、コンクリートの道路が続いており、そして、そばの京セラの建物、稲荷山のトンネル部分の排出土が、積み上げられている山が、見えました。高速道路の民営化が、無駄な事業の見直しどころか、市民に新たな負担を押しつける借金の山をふやすというのですCimg3813 。「市民負担は9億円ですみます」と、前の市長選挙での現職陣営が出したビラに載っていたと記憶するのだが。またしても公約違反です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »