« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

金のない者から取るから恐い!?

Cimg0363_1

「以前商売をしていたときは、なんとか公団に住みながら、医療費や国保料を払ってきた。しかし、年を取って、仕事がないから、公団の家賃さえ大変や、10年住んだが、何処か安いところに変わらんとあかんかも。しかし政治は恐い、金のなものからもむしりとるんやから。」と絞り出すように告発する、初老の男性。

ほんまに、税というのは、お互いに助け合うものであり、人の生活を壊す者ではなく、むしろ困っている人の生活を応援するもの。税は社会を作ると言うべき、社会の富の再配分になるものが、大企業には1兆円も減税するののに、庶民は1兆7千億円も取られる。これでは納得できないと怒るのも当然。

しかし、1兆円というと、豊田自動車の一年間の純利益であり、イラクへの米兵派兵の1ヶ月の経費である。1兆円のお金を使うのに一人が1日100万円使っても、2300年かかるとか。生きているうちに使えない。いのちを奪うお金か、労働者、社会の支えになるかで、お金とはさみは使いようと言われるゆえんです。

ちなみに、電車の中でやんちゃそうな高校生が話していたのが聞こえてきた。「お金100万円ぐらいほしいなあ、でも1日なんぼがんばって使っても5万円が精一杯やね。」高校生であれば、20倍の46000年か。

でも労働者の賃金は、連合組合は、春闘賃上げ請求額は500円から、1000円、2千円という。全労連は、1万円アップを要求するという。そうです、大企業のため込み資金の1.8%削減するだけで、1万円の賃上げは可能と聞いた。

 税金、社会保障の負担を下げ、社会保障の充実をすること、そして大幅賃上げで消費を拡大しなければ、経済の成長はあり得ない。「右肩上がりの成長路線」と安倍総理は言うが、やっていることは、生活貧困の悪魔のリサイクルに国民の多数を落とすもの。アメリカでは決着済みの話が、イラク戦争同様に、まだ無条件にブッシュ大統領支持を言う日本政府。これですむはずがない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月24日 (水)

「乳幼児医療費支給制度」の拡充実現!

<03_1 p> 子どもの医療費助成制度について、1月24日、京都府・京都市が助成制度拡充の内容を発表しました。通院の自己負担については、現行の「8000円をこえた分」が「3000円をこえた分」に引き下げられます。また、入院については、小学校6年生まで対象が拡大されます。 いずれも、広範な府・市民の切実な要望と運動が実ったものです。

日本共産党議員団は、通院も入院も自己負担なしで小学校卒業まで無料にするよう、引き続き要求していきます。(京都市会議員団メールニュースより)

 うれしいですね。「国の制度にないことができるはずがない」と当時の荒巻知事や、自民、公明、民主、社民のオール与党が私たちに、「絵に描いた餅」と悪罵中傷をなげかけていたことが、こんなに前進しました。引き続き、入院も通院もどちらも無料になるように、私にがんばらせてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴミの回収予定表を下さい。

<Cimg2851 p> 「市民新聞は届けてもらっているけど、ゴミの年末年始の回収予定が届きません。」と年末にメールを頂いた。まちづくり振興課に相談すると、担当者は、なんとかならんか検討中、と回答した。

「町内会に入らんと、保健協議会から配られない」と、原則論で回答されたらしい。しかし、調べてみると、区画整理の道路予定地で立ち退き計画の新しい町であるために、町内会ができていないという。こんなところに建て売りを立てて売る業者もひどい。

「原則はあるが、配布に協力してくれる人があれば、柔軟に対応したい」との返答がまち美化事務所からあった。そうですよね、ゴミを持って年越せないですよ。それに市民である限りゴミ回収に責任を持つのは京都市ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

先生は忙しい?!

 「毎日出勤して、変えるまでの間に、トイレに1回しか行ってない。休憩は15分しかとれない。」との先生の話。ひどい労基法違反の世界だ。お医者さんの世界でも、32時間労働は当たり前という。通常勤務して、夜勤して、そして次の日の仕事と続いていいるという。一に8時間労働はどこに行ったのか?これじゃあ、先生という仕事に魅力がもてなくなるのではないか?

人手が足りないから、とその長時間労働の理由がいわれる。教員も、医者も連続していろいろと忙しい。授業や、診療がおわっても、また後かたづけの仕事がある。残業になるのは当たり前の世界。これでは、人間を育て、命を救う仕事が破壊されるのではないか?

学校予算も子ども一人当たりで定額の配分制にしようとする動きがあるという。入院費も同じ病名なら、定額制にしようと検討に入ったという。どちらもお客さんに来てもらうために先生の「営業行為」を必要とするのは必死。まさに、算術の世界に人間が投じられるのは許せない。憲法の言う、「どのいのちも大切にする政治」が必要ではありませんか。Cimg0348_1

実は昨日誕生日でした。手作りケーキを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

働かんと、やっていけない、不安です!

Cimg0328_1

「夫が60才定年になるけど、65才までの間、何も国もやってくれない、と言われた。今度は、私もその間働かんとやっていけません。政治家はいろいろと私らの税金むだ遣いするのに、私らのこと一つも考えてない。パートもこの間までつとめていたけど、首になった。突然のリストラや。これからは、他のパートの募集に行かなあかん。ビラ配布の仕事、そしてもう一つ、3つぐらい仕事せんとやっていけない。何とかしてほしい。」との声。

 退職者の多い最近、切実です。家族に介護を必要とするともうお金の相談が始まる時代です。今まで働いてきた人、家族への感謝の念がないのが今の政治ではないか?何から何まで自己責任て。人のことはかまいませんと言うことやろ。逆に言えば、自分らの国や地方自治体の責任は負いませんと言うことやないですか?社会的規範意識が薄いようにしているのは、御上ですがな。ちゃいますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

3度目の挑戦が、2期目のジンクスのへの挑戦!

Cimg0326_1_1 「今度も絶対勝ってくださいよ。」「流れを変えてや」「がんばってください」との激励が飛ぶ毎日の宣伝です。4年前に、市会議席を坂口芳治議員から引き継ぎ、そして、二期目に挑戦の4月8日の一斉地方選挙の投票となりました。

「2期目は、一番危ないのや。だいたい落ちるのは2期目。大丈夫と言われて安心するんや。気をつけや」と言われた。

ますますひどくなる政治、税金のむだ遣いを続ける一方、4年間に180億円も負担増にした市民いじめの京都市長を支える、京都市議会の与党の責任は重大です。自民、公明、民主、そして社民党、のオール与党には議席はわたせられません。国の政治でも共産党以外はみんな、自民党と政権を担った政党です。

自民党の悪政の一翼を担い、市民に負担増押しつけの政治を許さない、そのためにも、この議席を守り、京都市全体でもさらに市民のくらし守る議席を増やし、7月の参議院選挙で憲法改悪と消費税増税をめざす、自民、民主を許さない日本共産党の議席を増やすためにがんばりたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

継続は力、そして、自分のためにやること!

Cimg0339_1

 千本街道に面したおうちの軒先にいつも、ご主人が座っています。なにをされているのかな?と足を止めてみると、「納所小学校、子ども見守りたい」の腕章がそばに置かれていました。

「始めたときは、近所の人に『家には入れないのですか』と尋ねられました。いやいや、子どもを見守っているのです、と応えても、不思議そうな顔をされました。でも、自分からやろうと決めたことだから、学校で子どもたちに、『あそこを通ったら、挨拶せんとあかんよ、』と押しつけてほしくないのです。いつも、片手や、目配せだけで子どもたちは挨拶をしてくれます。それでいいんです。ある日、子どもが学校が休みで私が知らない日だったんで、『今日はオッちゃん、学校が休みやし、だれもとおらへんしな。ありがとう。』と言ってくれた。これがうれしくて、心が通じたんやなと思って、一人で祝杯を挙げました。うれしかったなあ。継続は力、そして、自分のためにやるから、腹も立てへんし、押しつけも必要ない、心が通じるんです。自分の生き甲斐にもなっている。家の前に座っているので何してると言われるのいややから、学校から見守りたいのビラを配布してもらった。そして、この腕章をもらたら、もう聞かれることはなくなりました。退職して、自分が悪人とたたかう力があるわけじゃない。しかし、沢山の人が子どもの通るときに、地域のまなざしを向けるだけで、犯罪の防止ができるのではないかと、一人でも二人でも自主的にやってくれる人を待っているんです。」とM氏は語ってくれました。

 子どもの命が守られるのは、こういう方々が大多数になったときだなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

中学生のブレザー1万数千円て高くない?!

 こどものくらしに社会の状況が直接反映するから、子どもの世界を見れば社会がよく分かる。

先日、市営住宅で宣伝していると、帰宅途中の女子中学生が立ち止まって聞いてくれた。最後に「どうして大事な話をしているのにみんな聞かないのでしょうね?」と話してくれた。

「新しいブレザーだね。」「制服が替わったの。これで1万数千円。スカートや他のも入れると数万円になる。大変や。お母さんが3歳のときに亡くなったから、おばあちゃんが来てくれている。弟もいるが面倒も見ているよ」との話。一緒にいた、上原ゆみこさんも、「高いねえ。大人の服より高い。」と相づちをうっていました。「なんでこんなに高いのか?」

以前、小学校6年生の子どもを卒業させる前に、中学校の制服を注文するときがあった。「今日はお金がないから、また明日持ってくる」と子どもが悲しそうに言っていたことから、負担が大きいのが伝わってきた。

 文部科学省が全国調査で、給食費の滞納の実態調査を昨年11月にしたが、京都市は、34校、1,304,939円という結果報告をしたという。「学校の先生が立て替えて払っていると言うことはないね」と担当者に聞くと、「校長先生が立て替えているのと違いますか?」との話。校長先生に責任転嫁するなんて、とんでもない話。行政がするべきでしょう。 しかし、「子どもたちには罪はない」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルバイト青年労働者の快挙!

 貴方の、毎月の給料が、4分の1も削られたら、どうします?残業手当があるから生活できている。無ければ生活費に事欠くという民間企業の低賃金の実態は、深刻です。

 ところがサービス残業はちまたに当然のようになっているのは労基法違反と、共産党が、国会でとりあげ追及、「企業がただ働き労働をさせるのは、犯罪であり、正当な割増賃金も支払わなければならない。サービス残業はやめよ。」と厚生労働省通知を出させたのも数年前。

 私たちが言うと、「そんなこと言ったら、やめさせられる。言いたくても言えない」という労働者の実態であった。しかし、勇気ある6人のアルバイト青年労働者が、全国チェーンの「すきや」を相手に労働組合を作りたたかっているのです。そして、ついに11月の給料から、いままで支払われていなかった2割5分増しの残業手当の未払い分を、全国6000人のアルバイト労働者に支払わせたというのだからすばらしい。かっこいいね。

一方、不二家チェーンの期限切れ食材利用の実態隠しの報道がされているが、当初の会社の説明は、「ベテランのパート従業員が、自分の判断で・・」と責任をなすりつけていたが、ついに、「会社ぐるみ」と社長が認め、辞任となった。かっこわるい最高責任者だ。

 ところで、京都市長も「不祥事の組織的風土を作ってきた、最高責任者は私」と認めているのに、いまだに責任を取らないのも市民を馬鹿にしたものです。そして、共産党市議団が、「市長辞職勧告決議案」を出した9月議会のとき、自民、公明、民主、無所属は辞職勧告に反対しました。公明党は「市長のだした改革大綱」を厳格に実施せよ、と逆に市長激励議案を出した。その後、支持者に叱られたらしいが、「改革の提案」を出しているが、その中身は「改革大綱では不十分」という批判が中心らしい。ええかげんやね。

 議会の行政チェック機能が問われているのに、市長・行政のいいなりのなんでも賛成の自民、公明、民主、無所属オール与党の責任は重大です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月 8日 (月)

教育格差は新自由主義の柱!?

04

 「新自由主義というのは、基本的な中身は4つあります。一つは市場原理を中心とした弱肉強食経済にして格差を広げる。二つめは、金持ちを減税して、貧乏人を増税し、その格差をいっそう広げる。三つ目は、金持ちだけの質の高い教育を受けられるようにして、庶民が受けられる教育を低いレベルにすることで格差を固定化する。四つ目は、軍国主義に走って貧乏人を戦地に送って殺す。この構成要素をかなり忠実にやったのが、小泉さんだろうと思います。」(経済アナリスト森永卓郎氏、全国商工新聞07.1.8付けより)

 アメリカが、世界一のGDPの国で次に日本、貧困率の多さもアメリカが世界一で、次が日本らしい。まさに、アメリカの新自由主義者の後追いをしているのが日本の自公政権の政治で、国民の生き苦しさは政治が意図的に作っているものであること。そして民主党を二大政党に祭り上げて、財界、一部の大金持ちの意図的な政治が永遠に続くようにしているとのこと。

 今度の民主党の市会議員の予定候補の中には、自民党で出られなかったから、民主党で出たという人がいる。民主党の3区の代表を名乗る清新な若さを強調するが、自民党でも変わらない政治の姿勢であることを示すものです。だから選挙の度に政治が良くならないのだ。

 庶民は、もうすでに見抜いています。ゴミの指定袋の有料化、税金のむだ遣いの高速道路の建設促進をいい、国の補助金の廃止を言って、社会保障費の削減を強調するのが民主党で、自民党を同じ穴のムジナだと。自民党を支える公明党の卑劣さも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 7日 (日)

子どもでいる時間ってそんなに無いのに!?

07_2

 「うちの子は6年生、最初算数を勉強したいと、公文に通い始めたの。そしたらそのうちに、今度は英語、そして国語と学習教科が増えたの。そんなにやると宿題がいっぱいになってできないよ。そしたら、『みんなに遅れると困るから』っていうんや。うちの子はおかしいやろ。『子どもはしっかり遊んで、しっかり勉強するのが子どもやないの』って、子どもに言ってやったんです。」「可哀想やな、そんなにみんなから追い込まれているのかね」と言うと、「今度はそのうちに、チャレンジやりたいと言い始めたので、どうしてって聞いたら、『中学校から行きたい高校にはいれへんていわれたらあかんやろ。』っていうの。どう思う。」と話されました。

 ほんまに子どもは、追い込まれているのですね。「子どもの時代ってそんなに無いのに、子どもの間にしっかりと遊んどいてほしい。そうでないとろくなことにならない。」「そうやね、最後は兄妹殺しなんて追い込まれている学歴主義、競争主義の世界やねんな」との話。子どもから子どもの時間を奪う「時間泥棒」はだれですか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

大型ゴミの不法投棄を何とかして!

Cimg0285 「犬の散歩コースに大型ゴミがいっぱい、なんとかなりませんか?」との愛犬家からの相談がありました。さっそく現場に急行、一緒に調査。迷信沿いの道路上にも放置ゴミがありましたが・・、「きれいになってる。」と言うところもありました。

「ゴミの有料化でゴミが減ったというけど、こんなに放置ゴミがあるのに、どうして減ったと言えるのか。ほんまに腹が立つ」と怒りの声。田んぼのあぜ道だからこそキレイにしておいてほしいものです。見てください、この大型ゴミの連続を!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

個人情報は守られているか?

Cimg0144 「学校や、自治会の役員の名前から電話番号が消えたから、連絡しようにも電話がすぐにかけられない。不便やわ。」「PTAの役員にも、同じクラスの人にも電話できないので困っている。」と良く聞きます。個人情報の保護という名の情報消しですが、本人の同意があれば出すことは良いのですが。一律に消すから困るのです。

ところが、先日「民主党の議員さんから文書が送られてきたが、どうして住所が分かったのか、どうも、連合会の役員をしていたから、そのときの名簿が流されているのではないか?」という声もありました。自分たちのつごうのよいところには、公的機関を使って、個人情報を流しているのではないかと疑問に思うのも当然ですね。

さらに、「年金の調査が毎年きて、変動がないか問い合わせがあったが、先日、『住基ネット番号があれば、毎年の問い合わせが無くなる。』と言うので、番号を調べたが、以前の封筒はどこに行ったか分からない。そこで、区役所に聞きに行ったら、免許証も見せて本人確認もしているのに、番号を教えてもらえない。住民票を取れというんや。350円も払ってなんで自分の番号を教えてもらわんとあかんのや。馬鹿らしくなってもうええわと帰ってきた。」と怒りの声。

調べてみると、「社会保険庁からの住基ネットの番号とのリンクはすすめられている。番号は口頭では答えない。原則文書で回答することになっているので、住基ネット番号がほしいから、と言ってもらえば、番号入りの住民票を出している。」とのこと。

 ほんの少数の人しか利用しない、住基カードの実態。そのために年間数億円も税金を投入しているのが問題視されている。それが、住民基本台帳で管理されている番号が、年金コードとくっついて利用されたら、銀行の振り込み機関が分かる、年金所得が分かれば税金が分かる、介護保険料もわかる、京都市の医療費の支払い状況も、個人情報が筒抜けになる=行政管理になる、と思うがどうなんでしょう?

社会保険庁の問い合わせに、「住基ネットの個人番号は書かないでよかったのではないか。」と思うのですがどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

仕事始めに市役所宣伝!

 仕事始めの4日早朝、「今年Cimg0277もよろしくお願いします」と市役所での東入口での宣伝カーから訴えました。当日は、日本共産党の京都市会候補全員がそろって訴えました。

当日は市長の年頭訓辞がありましたが、やはり元気が無く、「事なかれ主義を排し」と強調しました。しかし、今までこの組織的風土を作ってきたのは、正義が通らない、同和偏重の職場支配を解同幹部と癒着して一緒に作ってきたのは、現市長本人であり、それを支えてきた自民、公明、民主の責任は重大ではありませんか?

同和タブーを打ち破った昨年。今年は、他都市のように、京都市が、一切の同和行政の廃止の宣言をし、部落差別解消と市民融合の前進を宣言してこそ京都市が生まれ変われるのではないかと 思います。Cimg0282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

新春の宣伝に参加しました

 1月2日、午後東大手筋で、新春宣伝を伏見区の府会2名、市会4名、井上さとし参議院議員、成宮真理子京都選挙区代Cimg0265_1 表が、そろって訴えました。Cimg0261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

 新年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

わが家104_0417から見た初日の出をお送りします。堤防の上に、調度お二人が自転車に乗って初日の出を見ていました。すてきな、これからの希望のもてる一年になりますようにがんばりたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »