« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

血の同盟の末路は自殺か?

Tyuusyou_3

「日米同盟の強化、血の同盟の相手国である、アメリカが血を流しているのに、我が国がほおっておいて良いのか。」と安倍首相は憲法の改正で日本の国民が海外で血を流す戦争に参加せよ、と発言する。

 一方、先日の前代未聞の現職大臣の自殺は、まさに今までかばってくれた安倍首相の地位と靖国派の血の同盟を守るための手段だろうか?「血で血をあがなう」という、恐るべき「美しい国」をめざす集団の、安倍首相の実態を国民に見せつけたと思うのです。

 同時に自らの目的のためには、真実を隠す、従軍慰安婦問題、沖縄戦の悲劇の真相など歴史教科書からも抹殺するという、ナチスドイツの焚書や、戦前の軍国主義教育の中で、国家神道の宗教教育が行ってきた歴史の誤りを繰り返している、安倍政権=靖国派に、未来はないと思う。

 もう、自殺で責任をとる、真実を隠すという封建時代の手法は古くさくて現代に通用はしません。任命権者である安倍首相こそ責任ある解明を国民にすべきではありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

大気汚染調査に参加しませんか

 来る、5月31日、6月1日に大気汚染調査をするカプセル測定を実施します。交通量の多い、交差点や、気になるところのNO2調査をしてだければ結構です。

調査は、全国的な取組の一環として、京都の空気をはかる会が、主催しており、もう何年も経年で調査しています。結果報告もしています。ご協力頂ける方は、連絡下さいませんか。

詳しくは、大気調査資料をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

交差点で止まらない?!

 「救急車に乗って病院に運んでもらったんやけど、途中で気がついたことがあるんや」と入院された人をお見舞いにいくと老婦人は言った。Kaigohoken_1

「なんですか?」と聞くと、「一つは、乗りこごちが悪い。上下にどんどん振動するんや。どこ走ってんのやろと思ったで。それともう一つは、救急車は交差点で止まらんと言うことや。途中でお茶を飲まんとと思って、小さいペットボトルを持って運んでもらったんやけど、途中交差点で停まれば、飲みたいと思ったのに、飲めなかった。」というのです。

そりゃあそうですよね。

ところで、老婦人は続けるのです。「救急医は、いろいろ検査をして、きょうは帰って、明日また来てください、というんや。ドナいしてまず帰ろうか。パジャマにガウンを着た状態でタクシーで帰れと言うのか、そして、明日、ここまで来るのが大変なのに。入院させてくれなかった。それで、受診している担当科に御願いして、診察してもらったら、すぐ入院せんとあかんと言われた。診察できんかったら、しんどいめして、帰らんとあかんかったんやで。一人住まいの私に死ねというもんや。ドナいなってんやろね?」と点滴姿で話していた。「買い物に行くのに、点滴して、これに下の袋もつけるのよ。なんぼ病院内といっても、食べ物を売っているところにこんなかっこで行けるかいな。」と怒る。

「何か必要なことはないか?」と聞いたら、「自由に行きたいところに行きたい。」と老婦人は応えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »