« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

再び同和奨学金の肩代わりに、司法の断罪下る!中村さんが原告勝利!

29日、同和奨学金(第3次訴訟)の京都地裁判決がくだりました。
京都市が「自立促進援助金」の支給という形で、同和奨学金の返済を
まったく審査もせずに、肩代わりしてきた問題で、これを「公金の
違法支出」だとして市民・ウォッチャー京都がおこした「第3次住民訴訟」の
京都地裁判決が、29日午後4時半から京都地裁203号法廷で言い渡されました。

 判決では、京都市が「同和行政を終結させた」という平成13年度末
までに、この制度を見直し、返還することが困難であるかどうかを審査
するべきであったにもかかわらず、無審査で肩代わりしたのは、行政の
裁量権を逸脱するものであり、「違法」と認定し、市長、副市長らに
1898万円を支払うように命じました。

また、市長、副市長の責任においても、審査すべきであったのに、
まったく審査しなかった責任を指摘しています。

 これは、昨年9月の大阪高裁判決の確定(最高裁が京都市の上告を
受理しないと決定。京都市による返済肩代わりを「違法」と認定して
市長、副市長らに2044万円の損害賠償を求めた)に続いての判決です。

 地裁判決が言い渡されたあとに、住民訴訟の弁護団が記者会見を行い、
そこで中村和雄弁護士は、「今回の判決は最高裁の判断を基本的に踏襲
したもの。京都市はただちに返済の肩代わりをやめるべきと裁判所が
認めたことは重要」と語りました。
先日の議会では、副市長は、我が党の代表質問に対して、「司直の判断を見ながら今後検討する」との回答をしています。同時に、桝本市長の、この違法な公金支出を認めてきたオール与党の責任が問われます。

2月3か告示、17日投票の京都市長選挙は、市政を刷新する、絶好のチャンスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

節約だけでは対応できず、仕事に出なければならなくなる?!

 NHKラジオの放送で、萩原さん(経済ジャーナリスト)の方が、これから原油高で食料品が1.5倍にも上がってくる。このままでは、家計は苦しくなるばかりで、節約だけでは対応できず、仕事に出なければならなくなる。」との厳しい今後の経済生活の説明があった。

今更仕事といっても、何があるか。宣伝で話していると、「私ら、一円二円が安いところをチラシで見て、遠いところまで買い物に行くのに、年金は下がるばかりで、殖やせない私らはどうしたらいいのや。」と泣き叫ばんとするような声。さらに電気代が標準家庭で75円。ガスが160円も上がるという。公共料金が上がってくれば、生活費がもっと足りなくなる。

 福田首相は、消費税で、年金財源の半額をまかなうというが、この間定率減税を廃止したのは、その年金財源をつくるためと言ってたのに、使われたのは、6800億円だけで、あとは財政の赤字負担とか、ゆくえ不明。高齢者の年金控除を廃止して税金を取ったのに・・・。

先日、自民党議員がぼやいていた。「これだけ市民の生活とかけ離れたことしていたら、ますますめちゃくちゃな政治になり、支持が得られん。みんな原点に戻らんとあかん。」と。

 そのためにも、今度の市長選挙は住民の生活第一の、弁護士候補、中村和雄さんに市長になってもらわんとあかんと痛感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

どこか、子どもをあずかってくれるとこありませんか?

 「困ったんです。妻が緊急入院して、子どもの面倒がみれないと仕事にも行けません。おばあちゃんはいるけど少し不安な状態です。何とかなりませんか。」と携帯電話に相談がありました。  以前保育園長会との懇談の時に聞いたことがあるので「一時保育があるはずだけど、保育の窓口で聞いてみて。」と返答しました。「保育の担当に言うと、それは、福祉の窓口担当です、といわれたので相談にいてみようと思います。」とのこと。聞いてみると、伏見区では、緊急事態のときに、介護のショートステイのように、一時保育はあるが、実施しているのは、第2曙保育園と、白鳥保育園だけとか。実際、緊急に受け入れるのは通常の保育の子どもとなれるのも大変で、独自の保育体制が必要になるので、人手がいり、難しいので実施できないとの園長さんの話です。

 こんなに、人手がいるのに、なぜ、人件費の削減が美化されるのでしょうか?人の世話をするのは、人間です。コンピューターや機械ではできません。人間は人間によってこそ育てられるのに、保育も、学校も、病院、介護の施設も、慢性的な人手不足です。「中村和雄さんには、こういうところに財政をしっかりとうって助けてほしいですね。」とお父さん。

 「役所の人の言うように申し込みに行ったら、入るのに待っている人がいるので、すぐに入れないとの返事だった。近くの児童館にいってみたらと言うので、相談に行くと、『小さいお子さんなら、保護者や、おばあちゃんがいればいつでもいいですよ。』と親切に言ってもらって少し展望が開けた。おばあちゃんも心配だったので、一緒にいってもらいます。」と喜んでいました。福祉の向上の仕事が自治体の仕事であり、市民に喜ばれる仕事ができると、職員の方もやりがいと誇りが持てます。京都市を市民生活第一の行政に変える市長に、正義の弁護士中村和雄さんを、市民の手で押し上げましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

生きることはたたかいだ。

 「気に入らなければ早く死になさい、といってるのと同じじゃないですか。今の政治は。」「店を開いたけど、手が足りない。しかし、人を雇うと、主人の私がアルバイトに出なくてはならなくなる。これでは、いつまで店が続くか心配です。」と小さな洋食店を開いた若いオーナーがつぶやいた。

「ほんまに政治を変えてくださいよ。」「みんなが幸せになるように」と強く握手を交わした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

介護の問題もぜひ頑張って・・

 「子どものことをどこもよく言うけど、私らの介護のことも考えていってほしい」との意見がありました。そうですね。介護保険など、負担はするが利用はしない人や、現に、介護のために仕事を辞めざるをえない人が身の回りにたくさんおられます。

 「老老介護で、大変だ」「ショートステイでお願いしているが、負担額も多く大変です」との声も聞かれます。介護保険制度ができるときに、『保険あって介護なし』という実態にならないように、と言ってきたことが、いま、現実に起きているのです。弁護士の中村和雄さんを市長にして、ぜひ、老後の安心の介護の制度を京都から発信しましょう。介護のケ現場で働く人がすぐにやめるような、貧しい労働条件を改善し、いのちを預かる、誇りが持てる仕事になるよう介護も労働条件も充実させましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

自ら「市長与党」と名乗る無所属議員が立候補?

 昨年の一斉地方選挙前の委員会の席上で、「私は、桝本市長の与党の一員」と与党宣言した無所属議員。

 だいたい、同和行政の実質継続であると、同和奨学金の市民への肩代わりを押しつける自立促進援助金制度、今後20年間で約40億円も支出することはやめよ、と追及して、同和行政の継続予算に対し、反対してきた日本共産党に対して、無所属議員は、民主党議員等自公オール与党の議員とともに、予算案にいつも無条件に賛成してきたではないか。

 ところが、今度の市長選挙に立候補、「同和行政の完全終結」と、自らが京都市の同和行政と対決してきたかのような仮面をかぶろうとしているのは断じて許せない。それこそ「偽り」だ。「偽りの対決構図を作って、市政刷新の会の弁護士・中村氏の追い落とし戦術の何ものでもないと感じる。

 有権者の関心を高めるには、市民の願いに応える政策と実行が大切で、出走者を多くして競争すればおもろいというような対決軸では、有権者の判断を問うことができない。「だれに入れていいかわからない」という若者の多くがいう。判断材料を、少なくし、「政治を市民から遠ざけているのが、相乗り選挙」(大阪での民主党議員の演説より)であり、市民の合意を得られないような不正を許すのが、相乗り、オール与党の京都市政であったことは議会議事録を見て頂いても理解されることではないでしょうか。今こそ京都から政治を変えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

もう帰るがかや?と義父

 二日、東大手筋で、中村和雄さんとお正月宣伝。「寒くないですか」と支援者の方が声をかけて頂きました。「いや、それほど寒くはない。宣伝中ぐらい保つでしょう。」と元気に中村さんは、コートを脱いで宣伝しました。いつも、にこやかで、御香宮神社に参拝する通行者も「がんばれよ」と、声をかけてくれました。

その後、挨拶回りをして、夕方から、高知へ車で帰省。この間、高知県出身者が、至る所で元気にがんばっているのを見て、又声をかけてくれるので元気が出ます。<Cimg9687 /p>

 その日の晩は、高知の妹の家に一泊。5時間で着きました。ねむたい。しかし、おいっ子の赤ちゃんが生まれていて、かわいかったです。

翌日、3日の日は朝から、宿毛まで妹夫婦と車で出発。又これが3時間かかりました。着いて、父が「今年初めての新年の挨拶が、おまえとの挨拶じゃった。」と喜びの声と握手。そして父は、「わしらあ、いつ死ぬかわからんがやき。盆と正月はかおをみせてくれよ。」と父の話。「いつも昼食は牛乳だけ。しかし今日は、出たもの全部食べてしもうたや」と上機嫌です。目が輝いていました。 その日のうちに帰京することがわかり、「もう帰るがかや」と残念な声。でも、今年90才になるという、「関東軍」の生き残りの父は、いごっそうなのに、好きなお酒もやめてしまったといいます。さびしそうです。途中南国では、早くも菜の花畑に出会いました。Cimg9689  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

<Cimg9680 p>2008年の幕開けに際しまして、新年のご挨拶を申し上げます。

今年は2月3日告示、17日投票の京都市長選挙が間近です。住民こそ主人公、と、市民御願いと運動で政治を動かい、京都から政治を変える年になりますように全力でがんばります。ご支援のほどよろしく御願いします。

夕方から、大阪の実家に、両親にお見舞いに行きました。「もう長くはないのやから」といゥ父の姿に、すっかり小さく感じました。また、「年を取って、筋肉が少なくなると、股関節脱臼のしていた骨が動いて痛いのや。」と歩くのが困難になっていました。もうすでに86才、後期高齢者医療の年齢をすぎています。「若いころには、これでも重たいもんを担いでいたんやけどな」と寂しそうでした。こんな高齢者に、いまさら少ない年金から保険料の天引きと医療費抑制するなんて許せません。Cimg9670

「もうたっぷりと生きたよ」と父は吐き捨てるように私に言った。自分の命をいとおしく思わせない人間を、戦争でもないのに作っているこの世の中、政治を変えんとあかんとつくづく思いました。まず市長選挙で、中村和雄さんを市長に押し上げることやね。

桝本市政の継承者といわれる、前市教育長は、出馬記者会見で「乾いたタオルをまだ絞るような財政健全化策が必要」といったとか。こんな人が市長になったら、どう福祉を守れるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽束師生協からでたところに街灯がつきました。

Cimg9669

「暗いので、街灯をつけてください。」と土木事務所に要請していた、新志水町内会の要望が、実現しました。

「関電とNTTの持ち物と間違って申請したので遅れました」との担当者のおわびがありました。

地域の方も会長さんも、水路を渡る出口が暗くて困っていました。うれしい。」と近所の方をはじめ、生協利用者からも喜ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »