« 森野さん残念!この怒り、衆議院選挙で決着を! | トップページ | 定額給付金、子育て特別手当、みんな税金に消える?! »

2009年4月 9日 (木)

市立看護短期大学の廃止計画を市長が密室できめた!?

Cimg1585

 8日の保健福祉局の質疑で、「京都市立看護短期大学の廃止問題」が報告された。でも、保健部長は、廃止とは口に出さないし、「京都市立看護短期大学の積み重ねたノウハウを発展させるもの」との答弁に終始し、公民協力で特別に仏教大学と連携してH23年度には仏教大学で4年生の看護学科を開校すると強弁した。

入学金、学費が年間約50万円程度の現状の京都市立短期大学を4年生に発展させるのは賛成だが、なんで、いつ、どうして京都市は廃止し仏大で開校になるのか、説明がない。「外部委託で現在詳細はまとめているところで、まとまり次第報告する」と回答。市民にまとまってもいない方針を市長記者会見で突然発表するんですから、この民主主義感覚を疑いますね。北朝鮮の独裁政治のような政治手法ではないか。マスコミを利用して、ええことばかり言うて、実際は、低所得の家庭の子どもでも通える学校をつぶして、看護師養成が大切とよく言えたものだ。仏大も、京都市立看護短期大学も4年生の看護学校を開いたらよろしい。そしたら、看護師が増えるではありませんか。どうして、密室で決めるのか?

|

« 森野さん残念!この怒り、衆議院選挙で決着を! | トップページ | 定額給付金、子育て特別手当、みんな税金に消える?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市立看護短期大学の廃止計画を市長が密室できめた!?:

« 森野さん残念!この怒り、衆議院選挙で決着を! | トップページ | 定額給付金、子育て特別手当、みんな税金に消える?! »