« 介護の世話も金次第か?! | トップページ | ジュリーも九条を守れと声を上げた! »

2009年4月29日 (水)

雲の上を歩くような気分で行進する中学生の春季総合体育大会

16

 </a>
今年は、教育福祉委員会副委員長として西京極競技場で開かれた、中学生の春季総合体育大会に来賓として参加させてもらった。

「昔は、いろいろとやんちゃな子が多くて、先生がおいかけまわしていましたよ。今は違いますよ。整然と行進できますからね。」との声。ある中学校の入場行進のときには、「世界一?通いたい中学校へ」とアピールしていました。中学校の選択制度の導入かな、と心配です。また、ある学校は、いろいろと趣向を凝らした行進でアピールしていました。野球部には女子の生徒が2人いたり?、なのに女子と男子が別れて行進していました。男女共学なんだから、同じクラブチームごとに男女ごとに並べばいいのに、女子が先で、男子が後でと行進するのはなぜでしょうか?

しかし、子どもたちのどの子の胸にも沸き立つものが見えていましたし、はねるように、飛ぶように歩いている感じが良かったですね。子どもの喜びの行進が、軍隊行進にならないでほしいと強く決意しました。

|

« 介護の世話も金次第か?! | トップページ | ジュリーも九条を守れと声を上げた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲の上を歩くような気分で行進する中学生の春季総合体育大会:

« 介護の世話も金次第か?! | トップページ | ジュリーも九条を守れと声を上げた! »