« 2010年2月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年5月16日 (日)

もう「みんなの党」にはついて行けないと、自民党の方がわたしに激励

 久我西出町の新しい開発している地域で、ビラ配布と街頭宣伝をしていると、子どもたちが激励に駆けつけてくれます。きょうは、大人の方が声をかけてくれました。

「私は自民党員、みんなの党に行くと言う人もあるが、私は民主党のひどい政治を早く止めさせてほしい。そのためにも共産党の先生にがんばってほしい」と激励の声をかけて頂きました。きょうから、みんなの党がポスターを張り出しました。衆院選で自民党からでた人が、今度はみんなの党から。古い自民党政治を引っ張ってきた人が、「改革」なんてできるのか、何の反省も無しで、104_092

104_095

どうですか。きょうは朝から伏見体育振興会のソフトボール大会、横大路の港まつり、金札宮の50数年ぶりの御神輿と多彩な日でした。

家庭訪問で、「向島南で隣のクラスやった**です」と教え子に会い感激。もう小6と小2の子どもさんがおられるとのこと未来は明るい!、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

醍醐和光寮から新施設への移行による開所式に参加

 5月15日、南山城学園に移行した、醍醐和光寮の民設民営化の施設の開所式に参加しました。門川市長は、公立公営から、民設民営に「改革」したと挨拶で発言しましたが、そうでしょうか?整備費の中身を見ると、総額1,514,221,000円のうち、京都市の補助金が1,018,501,000円で、残りが法人の調達です。これ公設ではないのか、と疑問に。

104_065

参加した保護者のみなさんは、「うちの子は、::号室に決まっている。古いのからきれいになってよかった、良くしてくれている。よろしくお願いします。」と所長さんに挨拶をされておられました。社会福祉法人への移管が結局公務員の削減になっているだけと違うのかなあ、と疑問がわきます。子どもの将来を案ずる保護者のみなさん、そしてデイサービスなど利用される保護者のみなさんの立場に立って、何よりも入所者、利用者の立場に立って考えてみたいと思います。跡地利用や

104_073

木々の伐採のこともぜひ考えてほしいとの意見も聞きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年8月 »