« 2013年9月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

京都市は商売の邪魔をするのか?

 「看板屋さんに頼んだら手続き代、許可申請料で3万円。司法書士に頼んだら10万円かかる。」「お客を呼ぶために出している看板を撤去せいとか、変更せいとか言って弱い者いじめ。」「看板は構わんけどお金を2年間で12000円要求された。」と、商店街振興のために進めている店の看板が受難の時代に。「景観条例はいいけど、小さい店の看板にいちゃもんつけて、色や大きさを変えろと指導するのは、新しい店をつくる人にはいいけど、今までやってきたところまで撤去命令を出すなんて、店やめろ、というのと同じや。いつも、商店街振興といいながらやってることは違う!」と怒りの自営業者の声が続々。なんやここも自助自立の対策で、京都市の責任はどうなってんの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

残業代はらわへんて、めちゃくちゃや!と怒るおばあさん。

 「年金は下がる、物価は上がる、給料は上がらない、そのくせ、バス代、地下鉄料金は上がる、国保料、介護保険料は上がる、とんでもない命暮らし破壊の政治だ。」と訴えていると、買い物途中のおばあさんが、「せがれの残業代が払われへんてニュースで言うてたけど、ホンマかいな。めちゃくちゃや、許せへん」と怒りの声。日本国憲法にある国民の「幸福追求権」を政府に守らせんとあきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

冤罪は嘘から生まれる!スイッチ万引き事件の再審を!

  先日、袴田事件の再審による無罪が50年ぶりに確定された。「人の一生をなんと考えているか」と怒っていた新聞記事もあった。警察、検察の責任は重大で、証拠を偽造した責任を取ってもらいたいものだ。

ところで、冤罪事件は身近に起こっていた。コーナン六地蔵店でお客でいたAさんが、手に取ってみて、家のスイッチに合わないと、戻したことから、一週間後に通常逮捕されたというのだ。一審の京都地裁で有罪判決が出て、その後、高裁で係争中に「なくなっていたと思われるタイムスイッチがサービスカウンターからできた」と証拠品が出てきたという。普通の考えなら、とられてないと訴えていたものが、自分の所から出てきたら、間違いましたと逆に謝るものではありませんか。なぜ、告訴した店長が取り下げしなかったのか、また警察や、高裁がきちんと調査しなかったのか理解できません。それぞれの立場でものを考え、本当のことを言えない世の中は、企業はあきません、と思うけどどうですか?今からでも遅くない、真実を語り、冤罪を晴らしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

「10%に消費税あげてくれたらいいのに」と若者

「風営法の実態は問題。東京では朝まで営業してるのに、京都、大阪では1時に終了するように取り締まりが厳しい。そのためにDJをしていた私の仕事がなくなったんだ。ダンスだけではなく、服装や、文化などいろんな関係があるのだ。若者の票欲しさに、橋本大阪市長のやり方は賢いが、裏に汚いものがある。そこを若者は知らないで、雰囲気で投票している。ダンススクールが免除対象になったけど、問題はそんなところだけではない。まじめに楽しんでいる青年の実態を見てほしい。今まで、青年は投票しても変わったことがない、実現したことがないのであきらめている。消費税は、値札の書き直しや、輸送に大きな障害を起こすから一時にあげるならやってほしい。」との声がありました。でも消費税は上げないで、中小企業、自営業者の手を煩わさないのが一番景気対策になるのにね。一度ダンスホールに行きたいね。私の亡くなった父親と母親は戦後のすぐに若者の中でダンスがはやり、ダンスホールに出かけていたと聞いたことがある。昔の人のほうが文化水準が高いのかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

「うちもブラック企業」とスーパーの店員さんが怒る!

「ブラック企業という言葉は、共産党が、参院選挙で訴えた言葉です」「うちもブラック企業です。人手が足りず、二人分働いているのに、給料は一人分しかない」「7時間契約なのに、仕事の準備から7時半には仕事場に入って準備する1時間はサービス残業。それに残業もあるから、ただ働きが当然のようになっている。人手はいるのに雇わないのはおかしい。」と、あるスーパーの従業員さんが怒る。

「息子の頭に円形脱毛症の禿ができた」「39歳の息子が仕事から帰ってきたら、気分が悪くなってグーグーといびきをかくようになったので、救急車に運んでもらった。病院をあちこちたらいまわしになってホンマに困った。さいしょの病院ではノロウイルスだといって、検査をした。検査代として16000円を実費でとられた。子どもの稼ぎが頼りなのに、入院されて困った。あと少し、リハビリをせんとアカンのやけど、仕事復帰ができるか心配だ。」とお母さんの悲痛な声。長時間労働と成果主義で疲労困ぱいしているブラック企業化した日本の労働者の実態です。ブラック企業規制法案の成立を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

17日東美豆町内会長さんと国交省、土木事務所に申し入れ

 年度替わりの挨拶を兼ねて、東美豆町内会長さんと国交省伏見出張所長、土木事務所長に文書で申し入れを行いました。要件は、①堤防の草刈りを年に3回に戻してほしい。②防災のための堤防強化を求めるもので、所長は「地元要望として淀川河川管理事務所にあげます」と約束しました。

対応した、伏見出張所長は、「維持管理費の予算を減額されて回数を減らさざるを得ない」「堤防強化のために淀川事務所に申し入れている。まだ2000立米の18号台風のゴミ処理が淀川3川合流地帯で未解決で予算要望している。町内の堤防亀裂部分については、引き続きゲージをつけて、2日に一回の割で巡視で確認している。補修のための予算確保は求めている。4月にスタッフが変わったが、台風被害を含め引き継ぎをきちんとしている」と答えました。

土木事務所では、例年の溝掃除の泥入れの袋をもらって、汚泥の回収の依頼をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

今年に入って両親を連続して看取りました。

 1月17日午前5時45分、仁の母が逝去。3月31日、父が母の後を追うように逝去しました。母91歳、父は92歳でした。どちらも大往生というべき年齢で、この機会に、親戚の人たちと久しぶりの会話ができ有意義でした。喪主として、わたくしが長男で務めさせていただきました。どちらも家族葬ということでしたが、親戚の人たちや、近所の人も参加しました。「どちらも生前の地域での活動が多彩であったことを示しています。親戚中からも慕われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16日向島フレスコ前東大手のスーパー前、夕方宣伝は楽しい

高齢の女性が「選挙の前にはいいこというけど、後は知らんぷりやからね」とご意見。そう低投票率の原因はこれです。今回の選挙で相乗り知事の推薦をした自民公明民主の政党がやってきたことは、この有権者の期待を裏切ってきたから、入れても変わらないと思うのでしょうね。さらに、野党と思っていた、社民党、維新の会、みんなの党まで相乗りになったもんやから裏切られたと思っているんでしょうね。

買い物客や、通行人から「がんばってください」と激励をいただき、うれしい限りで、日本共産党の役割が鮮明になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

ポスターを貼りだしています。

「ちょっと若く写っているね」「髪の毛がふさふさや」との声も聞かれる府会と市会の予定候補者ポスターを貼りだしています。先週の土日で180枚貼りました。「あんたとこに期待している」と新たな貼り出し箇所が増えて、これではポスターの増刷が必要かな、と心配しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年5月 »