« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月16日 (金)

戦争の本当のことを知らせてください。

 「安倍首相はどうして戦争する国にしたがるのか。憲法九条を変えようというんでしょうね。私は、15歳の戦争中に女子挺身隊に参加した。昭和19年の6月19日から20日にかけての空襲にあったことは忘れもしません。上空には、B29、少し上には艦載機が飛んできて、爆撃、空襲の中、火の中を逃げ回り、頭の髪を火で焦がし手痛くてたまらなかった経験があるので、絶対に戦争だけは繰り返してほしくない。私には、19歳のたった一人の兄を知覧から出撃する特攻隊で犠牲になった。先日、80歳を越したから、一度見ておきたいと思って知覧の特攻隊記念館を見に行きましたが、タオルを2枚準備しないと、涙でくれるだろうと、子どもたちが気を使ってくれたぐらい、泣きました。安倍首相はあの展示している、一人一人の文章を読んだんでしょうか。夫が早く死に、母子家庭であったので子どもを育てるのに浜岡原発に勤めました。東京電力の役員の方たちを送り迎えする仕事にも付きました。気を使いましたが、お金はよかったから一生懸命働きました。だから、放射能汚染もあったためか、脊椎二回、大腸がんの手術と繰り返したので、ついに下半身がマヒし、車いす生活になっている。子どもらのために戦争は絶対してほしくない、だから、このことを皆さんに伝えてください。」と懇願されました。私も涙がなくして聞いていられませんでした。「戦争する国に絶対させません。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

荒れるクラスをつくる安倍内閣の教育改革!

  愛国心を持つ子どもの教育をいう安倍内閣の教育改革で、どんな子ができるのか?愛国心を道徳教育で育てようとする、副読本は、まさに子どものマインドコントロールの冊子。戦前の教育勅語の体制をマインドコントロールで作ろうとする。「いいところがあった」と下村文部科学大臣は、大臣として失格だ。なぜなら、戦後の戦争反省から、教育勅語は失効、廃止を国会決議でしているものを、戦前がら現代によみがえらせるもので、時代錯誤も甚だしい。「一旦緩急あれば」天皇陛下のために命を投げ出すということを宣言させられていた時代を再び歩むのか。また、点数主義、競争主義の学校教育で子どもを差別選別をし、一人一人の子どもの可能性を育てる、人格形成の教育から、実利・実益主義の教育に変更するようなことは許せない。それでは、子どもを「心の荒れる学校」に閉じ込め、暴力的に行動する人間性を育てることになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

住宅供給公社に、住民要望を申し入れ!

5月7日、向島ニュータウンの住民組織のみなさんと、この間の住民要求書で申し入れに、西野市議とともに同行しました。「いろんな要望を、他の団体の皆さんからもこれからお聞きもし、回答を検討したい。まだ異動したところなので、いろいろお聞かせください。」との管理部長のあいさつ。その後、「いろいろお聞かせいただいたが、大半はできないことばかりで」と「要望に応えるためには、議会での予算化が必要だ。財源がないとできない。」との返答でした。

 増田みち子1街区自治会長から、昨年度までの京都市の関係当局からの住民要望に対する回答文の内容も紹介しました。「低床バスのニュータウン内のバス運行に対しては、近鉄バスと検討中との返答もあり、できることから鋭意努力を求めると説明しました。また、1街区の駐輪場の電気設備の改善、管理事務所がありながら、昼間でも管理人不在の事務所があり、夜間も含めて緊急時の対応も必要であり、管理人の配置を求めました。

また、いま審議会で、市営住宅の家賃の改定問題が論議されており、京都市の方針では、家賃が上がるところと下がるところが出る見通しです。審議会の見直し案には、『市場家賃の考え方を導入する』として、儲け本位のやり方に住宅政策が大転換していくことが明記されています。「住まいは人権」であり、重要な人間らしい生活保障です。金儲け本位になると、いよいよ金のないものは、出て行けということになるのではないか、と心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

スバル高校の通学路の安全確保を!

2014050309030000_2  2014050309090000_2
  「今年通学圏が拡大したので、余計に危険。いままでも交通事故で子どもと車と接触していたので、先生方もよく見に来ていたのです。なんとか安全にならんやろか?」との相談が、向島南の住民から相談がありました。

さっそく馬場こうへい府会議員といっしょに3日の朝、出かけました。よく当たられるという、農家の人の話を聞くと、「単なるスバル高校だけの問題ではありません。大学もあり大型観光バスがよく通るので、道路が片側割れてきている。面で地域の交通安全対策を立ててもらわんとアカン」との指摘がありました。

道路の形状や、事故の多い交差点の問題などの改善が求められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

メーデーで赤旗宣伝拡大

5月1日は、メーデー。早朝から、赤旗の日刊紙の販売にとりくみました。多くの労働者の前で倉林参議院議員が国会報告と連帯のあいさつ。やはり国会議員を取ると違います。そして、京建労の伏見支部の仲間と記念撮影。

2014050109450000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »