« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年7月18日 (金)

伏見の風情を壊さないでください。

 私は疎水の上にかかる丹波橋から伏見中学校のほうを向いてみる月桂冠の酒蔵の風情が好きです。

 正面に伏見桃山城が見える、丹波橋通り。このとおりに面した月桂冠の創始の地として地域に根差した酒蔵。板橋小学校、伏見中学校の隣りあわせ、「昔大蔵会長さんが元気な時には、酒蔵を建設するときに、隣の学校に子どもの遊具などを寄付してくれたもんや」と地域の人の声。蔵が古くなり今後の維持のためにと、大阪の万代スーパーが、同業種のハッピーテラダの真横に進出し、他業種2店も進出。そのため酒蔵をつぶし、広場を作るとしています。確かに新しい建物は、景観を重視した設計ですが、今までの蔵と比べれば比較になりません。

この地域は「京都市景観、美観地区(岸辺・旧市街地)・眺望景観保全地区」として指定されている風情のある地域なのに。「日本酒で乾杯」として酒どころ伏見の風情をどう考えているのでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »