« 国交省と京都市の主催の歴史都市シンポに参加しました。 | トップページ | 東山区での自主的に、バスを走らせているのを体験。 »

2015年12月22日 (火)

なぜ、障がい者の電車の運賃が半額にならないの?

 冬至の今日は朝から大変な霧で街が包まれました。あったかい日となるとラジオは報道していました。知り合いの障がい者の方が、淀駅で出会いました。「今日は霧が深くて、仕事に出かけるの少し遅くしたのです。今は、月曜日から金曜日まで仕事をしているから、土日の開ける月曜日の日は体が思うように動きません。仕事は箱を作ったりしています」とのことでした。やはり、障害のあるからだで毎日動かさないと、体の動きは悪くなるそうです。
『土日に出かけるにも、今は、回数券で京阪電車に乗っている。JRは一人でも半額だけど、京阪は二人でないと半額にならない。」とのことでした。不自由な人だけではありません。体を動かすのに、足になる公共交通機関が大切です。なぜ障がい者割引を拡大できないのか?

|

« 国交省と京都市の主催の歴史都市シンポに参加しました。 | トップページ | 東山区での自主的に、バスを走らせているのを体験。 »

コメント

京都市地下鉄東西線から京阪京津線乗り入れの乗車した場合、
御陵までは半額で、それ以東は割引なし、ということになるんでしょうか?

投稿: meisinn | 2016年2月18日 (木) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、障がい者の電車の運賃が半額にならないの?:

« 国交省と京都市の主催の歴史都市シンポに参加しました。 | トップページ | 東山区での自主的に、バスを走らせているのを体験。 »