« 2016年6月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月 5日 (水)

北朝鮮の無法は許せない、核兵器禁止条約で核兵器は廃止を

 核兵器禁止条約の交渉会議がNYで開かれたが、核兵器保有国は参加を拒否。マスコミでは、「唯一戦争での被爆国である日本政府の代表が出席しないのはおかしい」との被爆者団体の代表の声を報道していた。日本政府はアメリカ政府からの圧力によって参加を拒否している。しかし、日本共産党の志位和夫委員長が核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)の一員として積極的に市民社会の代表として発言している。国連の会議に参加し、115か国の政府代表のほか、NGOや研究者、国会議員などが参加し、核兵器禁止条約の内容について意見交換した、歓迎されたことが報道されていない。会議のホワイト議長は、6月までには条約草案を提示したいと表明している。こんな時に、北朝鮮政府は核兵器のミサイル実験を繰り返し、子どものように挑発している。なぜ、彼らの無法を許さぬためにも、核兵器禁止条約を結ばないのか。今からでも遅くはない。日本政府は、憲法の理念に基づいて戦争しない国としての役割を今こそ発揮すべき時だと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

返金できる法律がほしい!

 「私どもに、問われても答えられません」と、社会保険事務所の担当者が言った。「親子が食べられないのに、まして年金の目的が社会保障という、一人一人の命を国が責任をもって守るというのに、滞納したから処分。食べるお金が必要であり、その分子どもの学校アカネもいる。どうして食べていくのか」と聞いた返事でした。
 滞納した理由は、元受との関係で、株式会社化しないと下請けに入れない。ところが、リストラされたというのだ。実質会社倒産。そして、売上金はすべて差し押さえられたというのです。
「収納して返せない法的根拠は何か。」と聞くと、いったん収納してしまうと返す法文がないのです」との返事。公平性を保つというが、一人一人の命と家庭・生業を守るのが憲法の理念。それを放置して、税や社会保険料が払えない状態を作っていいのかと、今後も追求したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

上原府議の死を悼む

 3月18日、午前、上原裕見子府会議員が闘病の甲斐なく逝去されました。本院美味しとご遺族の思いにより、葬儀は行わず、ご家族によるお見送りが当日行われました。
 私とペアを組んでたたかってきた同志として心から哀悼の意を表します。ホンマに残念です。多くに有権者の方から、「上原さんどうしたん」「あんたも体に気をつけや」とのご心配と心配りの声をいただいています。残されたものの仕事は一つ、それは、上原さんの分もがんばることやと思います。今まで私は、13歳で亡くなった兄の分も生きなければと、頑張ってきましたが、これからは、上原さんの遺志を受け継ぎ、安倍政権を倒し、野党連合政権の樹立のために、生きてる限り、がんばります。皆さんのご支援をお願いします。
 生前、私の作成した動画に上原さんの元気だったころの様子が写っています。私のHPで見てください。

201604011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2017年5月 »