« 2018年10月 | トップページ | 2019年4月 »

2018年11月19日 (月)

タックシールで、18歳と22歳の男女1万名の名簿を自衛隊に提出とは!?

 日曜日の京都新聞の朝刊を見てビックリさ「れた方が多いのではないかと思います。
来年1月に、男女1万名、18歳、22歳の京都市民の名簿を自衛隊に提出するというのです。  私が該当者であれば、個人情報保護法の観点からも、同意もなしに、自衛隊への名簿提出はやめてほしい、と京都市に対して異議申し立てをするでしょう。
 まるで、戦前に、市の職員が、召集令状を各家庭に配達して、「おめでとうございます」と言って、戦争に駆り出したことを思い出し、許せません。
 戦前の教職員、自治体職員が、率先して子どもや国民を戦争に駆り出していった苦い体験を繰り返してほしくないのです。
 京都市の担当者は、「自衛隊職員への便宜を図る」「2008年から、今まで自衛隊員が住民基本台帳を閲覧し、手書きで写していたから、便宜を図るため改善した」と言いました。
 安倍政権の自衛隊員をアメリカの言いなりで海外に派兵するために便宜を図るという、前のめりの京都市の姿勢に疑問を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

京阪バス本社に、岸の下にもバス停を設置してほしいと、要請

 11月9日淀納所のまちづくりの会は、納所の岸の下に京阪バスの停留所が欲しい、市バスの停留所があるので、時刻も17分と19分と似通っているので、15分でも離してください。と申し入れました。要望署名101名分を提出しました。

担当課長さんは、バス停設置には、数十万円必要です。費用対効果が欲しい、バスに乗っていただけるのか?人口密と  が低い地域ですからね。近所の食堂と向かいのJRAの同意が必要です。と即答を避けました。

赤阪市会議員は京都市の民官バス停留所への補助制度があること、洛水高校前にも京阪バス停留所が欲しいことを申し入れました。
引き続き検討して返事をするとの約束をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

国会で野党が追求しても、あかんのに私ら一庶民が言うても!?

 「野党が追求しても、安倍さんは丁寧に説明と、反省もしないし責任とらない。私ら一庶民には何の力もないと、あきらめている」との声が寄せられました。

「でも、小さい声が集まれば、大きな力になります。」「選挙で勝負せなあかんと言うのやね」

「3000万署名も皆さんの声を集めているのです。ぜひご協力を」と訴えました。

「沖縄の知事選挙では、保守から革新まで党派を超えて、米軍基地は、今後200年間も言いなりになるのは嫌だ」という声が集まったと思いますが、いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2019年4月 »